日々の小さな幸せを集めて
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
伝えられなかった気持ち
関連記事
いつかの想い
受け止められなかった現実



退院が2月の中頃。
退院したことをメールした。

少し普通にしていたけど、やっぱりあの時の目が怖かった。

「プリクラを撮りたい」
と写真嫌いの彼女に言われた。
正直、その時の自分の姿を何かに記録したくなかったけど、彼女から言われた事が無かったので撮りました。

それからは、向こうからメールや電話がきてもほっといた。
音信不通状態。

5月の中頃。
親の知り合いのお母さんが亡くなった。
11月頃から調子が悪くて同じ病院に入院していたが、病棟が違うため会う事は殆ど無かった。
ガンだった。

私宛に手紙があった。
小さい頃から可愛がってもらっていて、自分も大変なのに、私の身を案じていた。
手紙を読む度、涙が出て、勇気を貰った。

通夜の前日。
彼女から「会いたい」とメールが来た。
正直会う気はまったく無かった。
私は、またあの目を見るのが怖かったし、冷めてしまっていたのかもしれない。
あんなに自分のことを見て欲しいと思った、瞳をもう見たくなかった。

偶然母親に内容を見られ
「別れるなら別れるで会ってこい。通夜そんなにかからないから。」
と言われ、久しぶりのメール。

相変わらず彼女に迎えに来てもらい、近くの公園に。
特に話すことは無かった。
自分にとっては、大切な人が亡くなったことが凄く悲しかったし、今更彼女とニコニコ会えるわけが無い。

何を話したのかまったく覚えていない。
覚えているのはカーステレオから流れていた、ポルノのアルバム「THUMP χ」
彼女が泣いていた。
「ROLL」が流れていた。

自分ひとりが辛いと思っていた。
彼女がどれだけ自分のことを思ってくれていたのか知っていたのに。

音楽に流されたのかもしれない。
でもその時は、今のままじゃダメだと思った。
やっぱり彼女が好きで、大切で、悲しませたく無いと思った。

帰り際、6月に少し長い休みが取れるということで、初めて二人で旅行に行く事にした。
通夜が夕方からだったので、何処に行くとかは、また会って決めようという事にした。

また二人の時計が時を刻み始めた。

旅行先は若い二人には少し似つかわしくないけど、飛騨の高山。
ずっと病室だったし、退院してからはずっと家だったから、自然の中に行きたかった。
宿もいい感じのところがあって、部屋の内風呂が温泉で、外の露天風呂も貸切にできる。
手術痕が生々しく残っていたので好都合。
料理も美味しかったし、ホントに自然の中で、凄く良かった。
彼女と初めての旅行だったし、このまま二人でずっと過ごせるかなと思った。
帰りにちょっとケンカ。
内容はもう全然覚えていない。
帰りはホントに最悪。

それからまた音信普通。

次に会ったのは、8月。
共通の友達と遊んだ時。
特に会話は無かった。
周りは気を使ってくれたけど、私が避けた。

11月のむーぶの舞台の手伝いに呼ばれた。
もちろん彼女も出演。
髪の毛を染めていた。
芝居だけど、俺じゃない誰かと恋人同士だった。
凄く嫌だった。

嫌だと思った自分が凄く自分勝手だと思った。

打ち上げの帰り、彼女から電話が来た。
これからどうしたいのかという内容だった。
私はわからないと告げた。

彼女は泣きそうな声で
「別れよう」
と言った。

「分かった」

それで電話は終わり。


私は「今」の自分が嫌だった。
彼女にふさわしくないと思っていた。
その時の暮らしは、自分で稼いだお金で生活しているわけでは無いし、家にお金を入れてるわけでもなかった。
給与補償で、働いていたくらいのお金は入ってきていた。

家に居ても、朝家族全員が出てから起きるし、家族が寝静まってしばらく経ってから寝る。

どうしようも無い生活。
そんな生活は、去年の7月まで続いたのだが…。

何が出来れば良かったのか、今ではまったく覚えてないけど、次の手術が終われば、仕事に復帰するような話だったから、そうなったらもう一度今の気持ちを伝えようと思った。


手術前日。
彼女からのメール。
「彼氏が出来たから、あなたはあなたの人生を頑張ってください」
こんな感じの内容だったと思う。



手術が終わったら言おうと思っていた自分勝手な想いは、行き先を無くして今も胸の中にあるのかもしれない。

そして今。
何人かと付き合った。
しっかり告白して付き合った人もいるし、そうでない人も。


これだけははっきり言える。

彼女と付き合ったから、今の自分が居る。

後悔を一つ消せるなら、間違いなくこの事を何とかしにいくと思う。
事故で片腕の自由を無くしてしまったことよりも、彼女を手放した事の方が大きいと思う。
でもそんな事は出来ない。

今もそんな後悔をしながら生きている。
忘れようとは思わない。
ゆっくり思い出にしていければいい。
「愛してる」から「愛していた」になればいい。

次の恋愛の時は、自分の全部を使って恋も愛も伝えられるように。
スポンサーサイト

別窓 | 自分史 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| A wonderful day |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。